カテゴリー「日記」の記事

素敵な偶然

本家webサイトに英語ページを作ったのが9年前の2003年。
調べてみると、英語ページを見てメールを頂いたのは過去3人いらしたのですが、どう返事したものかと考えあぐねて結局返事しないまま・・・でした(懺悔)。

それが先月、ルクーが大好きという人からの英語メール。「Lazzariのバイオリンソナタを知ってる?」という内容。(Lazzariはイタリア近代の作曲家で、イザイが彼にバイオリンソナタを委嘱した、らしい)うーん、オタク色が濃ゆい感じです。

それで、

20年来、ルクーとショーソンは大好きな作曲家で、2009年に京都で高校生がルクーのソナタを演奏したのが、今までで最も素敵な演奏会でした。あなたにとって最も素敵な演奏会は?

と返信して2週間。返事には、

2週間前に京都に行きました。私はアマチュアのバイオリン弾きで、スウェーデンの大学で天文学の博士課程在学中。ルクーはスウェーデンでは誰も知らない。ルクーのバイオリンソナタを自分で弾いたことがあって、ピアノ四重奏も弾いてみたい。
印象に残った演奏会は、Andrei Gavrilovが演奏した、ラフマニノフのピアノ協奏曲2番

とありました。

返信する内容はまだまだ考え中ですが、数千キロの距離を越えた、「クラシックおたく」なトークが展開されそうでワクワクしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国際賞授賞ニュースを見て

デニス・リッチー氏とケン・トンプソン氏が「日本国際賞」を受章したとのニュースを、今日0:00のNHKニュースで知りました。

ソフトウェア業界ではあまりにも有名すぎる、いわゆる「K&R」であり、彼らなくしては、今のIT産業の繁栄もインターネットの繁栄もなかったかもしれないと思うと、ノーベル賞受章にも値するのでは?と思うのですが。

おそらく、「K&R」の2人がいたから、「ソフトウェア開発で飯を食う」ほど、ITが「産業」と言うほど育つのに40年の時間を得ることが出来たのか?・・・もし「K&R」がいなかったら・・・?

少なくとも、2010年のウィキリークスとか2011年のチュニジアの政変はなかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドメイン取引

ほんの1時間ほど前に届いたのですが・・・。

本家サイトのドメインであるpelleas.infoを購入したいと言う英文メールが届きました。
少し前にyahoo!ニュースあたりで「ドメインを取引する業者がある」というのを読んだことはあるのですが、まさか自分のところにそういう申し出がくるとは思ってもいませんでした。
何しろ10年以上使ってるハンドルネームでそれなりに(^^;)愛着もあるので、売却する意思は全くないのですが、とりあえず、ドメイン取引なるものの実態をちょっと調べてみようかと思ってみた次第です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ルーブル美術館展

先週の土曜日の朝、まったくの予備知識なしでルーブル美術館展を観に京都市美術館に行ってきました。

まず最初に興味を惹きつけられたのは、17世紀スペイン派(作者不詳)の「法悦の聖フランチェスコ」。

下は、ルイス・トリスタンの「法悦の聖フランチェスコ」。同じ題材でも背景が異なるとずいぶんと印象が変わります。

最も印象に残った1枚は、ドメニコ・フェッティの「メランコリー」。鬱々とした表情の、簡素な身なりの女性が明るい戸外で髑髏を抱いているのがなんとも気になります・・・。

ヨアヒム・ウワテールの「アンドロメダを救うペルセウス」は、ギリシャ神話でおなじみのアンドロメダの物語のクライマックスのシーンです。女性の美しい裸体に目を奪われてしまいますが、その足元には、貝殻に混じって人骨が転がっているところにエチオピアの荒廃を見て取ることができます。この絵を見た瞬間に、ルクーのカンタータ「アンドロメダ」が頭の中でフラッシュバックしました。

カルロ・ドルチによる受胎告知の作品。1枚目が「受胎告知 天使」。

2枚目が「受胎告知 聖母」。

キリストの母マリアの天使としての側面と聖母としての側面を描き分けたものらしいですが、いずれも乳白色の肌の美しさに目を奪われました。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「大工ヨセフ」は、ろうそくの明かりに照らされた幼きイエスの表情が印象深かったです。

まったくの予備知識なしで観に行ったルーブル美術館展でしたが、印象に残った作品の多くは宗教画でした。私自身は特に信仰している宗教はないのですが、聖フランチェスコの苦しみのにじむ表情や受胎告知の神秘、他にも福音書の作者を描いたものなど、作者の信仰心は、信仰のない人間にも伝わってくるものだな、と実感しました。

展覧会を観に行って残念だったのが、ものすごい人だかりができていて!フェルメールの絵をまったく見ることができなかったこと。9月末まで展覧会は開催されているので、今度は朝一番に行ってフェルメールの絵をじっくり見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月21日 大植英次/ハノーファー北ドイツフィルハーモニー:マーラー第9

シンフォニーホールでの演奏会、チケットはとっくに売り切れていると思っていたら、まだ残っていました。
大植英次が大フィルの指揮者になってから、まだ大フィルの演奏会にも行けていないので、大植英次の指揮を聴く事自体が初めてで、しかもドイツのオケでマーラー第9を聴けるのも、そうそうない機会なので1万3000円で速攻チケットを購入しました。

しかし・・・6月に入ってから妙に頭が疲れやすくなってるので、マーラー第9を無事に全曲聴きとおせるかどうかは不明ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1Q84

今話題になっている、村上春樹の1Q84を読み終えました。日曜日に読み始めたので4日かかりました。
日曜日はコンサートを聴きに行っているし、ウィークデーは仕事があるので、1Q84に割く時間は1日平均4時間ほどだったと思います。

村上春樹の長編作品を読むときは、1読目で物語の「構造」を把握しつつあらすじを頭に入れ、2読目では頭に入れたあらすじに沿ってディテールを読み込み、3読目で再度ディテールを読み込みながらそこに書かれているものの意味を解釈する。こういった流れで読むことが多いのですが、今回もその手順を踏むことになりそうです。

読み進めているうちに、新興宗教集団の話が出てきたので、「アンダーグラウンド」や「約束された場所で」を再読してみようかとも考えましたが、そうすることにそれほどの意味はなさそうです。

物語の核心である、「リトル・ピープル」や「空気さなぎ」にどのような意味を見出していけばいいのか、そんなことを考えながら、2読目はもう少しゆっくりペースで読んでみようと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009:3日目

いよいよ最終日、3日目です。「アイネ・クライネ」、きらきら星変奏曲、ピアノ協奏曲20番、レクイエムと、立て続けに超有名曲が演奏されるので、聴き手のテンションもどんどん上がってきます。

3日目に聴いたコンサート、曲目です。

10:30 石川県立音楽堂邦楽ホール
ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
セレナード第13番 ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
L.モーツァルト:おもちゃ交響曲 ハ長調

オーケストラ・アンサンブル金沢メンバー

11:45 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調 K.309
ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 ハ長調 K.265
トルコ行進曲(アンコール)

ピアノ:菊池洋子

14:30 石川県立音楽堂邦楽ホール
ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲第2番 変ロ長調 K.424
ピアノ三重奏曲 変ホ長調 K.498「ケーゲルシュタット」

クラリネット:ポール・メイエ
ヴァイオリン:戸田弥生
ヴィオラ:ジェラール・コセ
ピアノ:仲道郁代

15:30 石川県立音楽堂コンサートホール
交響曲第1番 変ホ長調 K.16
ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466

指揮:井上道義
ピアノ:菊池洋子
桐朋アカデミー・オーケストラ

17:30 石川県立音楽堂コンサートホール
レクイエム ニ短調 K.626
アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618

指揮:ゴルカ・シエラ
ソプラノ:森麻季
メゾソプラノ:ダニエラ・ジャコヴァ
テノール:マーク・フォウラー
バリトン:ヴェセリン・ストイコフ
ラ・フォル・ジュルネ合唱団
シンフォニア・ヴァルソヴィア

トピックス。

  • 交響曲第1番の楽章間で井上さんが一言コメント。
    第1楽章の後では、「モーツァルトは8歳か9歳のころにこの音楽を書きました。(9歳の子供さんを指して)君にもこの音楽を書けるぜ」と言って会場を沸かせ、第2楽章の後では、「第2楽章には『ジュピター』の主題が隠れています。8歳のときにジュピターの主題を書いてるんです。変ですね。」と笑わせて。
    京響の音楽監督時代もこういう類の一言はありましたが、今も健在なようです(笑い)
  • ピアノ協奏曲第20番のカデンツァは、菊池洋子さんオリジナルのカデンツァでした。既にリリースされている菊池さんのCD(井上道義/OEK)と同じで、井上さんは菊池さんの手の内を知り尽くしたかのようにカデンツァの演奏を眺めていました(^^;)
  • 15:30からの公演で交響曲1番、ピアノ協奏曲20番が終わった後、オーケストラによるモーツァルト・メドレーで華やかに演奏を締めました。
  • 17:30からの演奏は先にレクイエムが演奏され、アンコールピースのような感じでアヴェ・ヴェルム・コルプスが演奏されました。
  • レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプスの後の本当のアンコールは、なんと、ルネ・マルタン氏の名前を合唱が歌う、と言う思わず笑ってしまう演出がありました。

3日間を振り返ってみると、トータルで20公演、途中で何度か意識が朦朧としつつも(^^;;)、何とか聴き通すことができました。大きな収穫は、ポール・メイエさんと菊池洋子さんの演奏をすべて聴けたこと、あと、意識していたわけではないですがアンヌ・ケフェレックさんの演奏もすべて聴いていて、この3人の方の演奏を聴けたのは、おそらく今年前半で最大の収穫になるのかな、と感じました。小曽根さんによる思いっきりJazzyな「ジュノム」のカデンツァも面白かったし、若手ではヌーブルジェさんの演奏が非常に説得力のあるもので、今後が非常に楽しみと感じました。

来年のラ・フォル・ジュルネのテーマが何になるのかわかりませんが、京都に戻ってまだ1日しか経っていない今から非常に楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009:2日目

ラ・フォル・ジュルネ2日目です。コンサート聴きまくり&うまいもの食べまくりな日が続いてます。日本酒の摂取量が多すぎて恐ろしいことになっています(--;;)。エキナカのおすし屋さん、昨年も行ったのですがどうやら顔を覚えられていたらしいです。まあ、一人でぷらっと入って1万円近く使う客なんていないでしょうから・・・・。

2日目に聴いた演奏会と曲目です。

10:00 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 K.452

ピアノ:アンヌ・ケフェレック
シンフォニア・ヴァルソヴィア・ソロイスツ

12:15 石川県立音楽堂邦楽ホール
弦楽四重奏曲第14番 ト長調 K.387
ハイドン:弦楽四重奏曲 ト長調 Op.77-1

モディリアーニ弦楽四重奏団

14:45 金沢市アートホール
ハイドン:ピアノ・ソナタ第47番 ロ短調 Hob.XVI-32
ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283
ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310
バッハ:イタリア協奏曲(アンコール)

ピアノ:ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ

16:15 石川県立音楽堂邦楽ホール
フルート四重奏曲第2番 ト長調 K.285a
クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581「シュタードラー」

フルート:工藤重典
クラリネット:ポール・メイエ
モディリアーニ弦楽四重奏団

17:45 石川県立音楽堂コンサートホール
交響曲第27番 ト長調 K.199
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
(アンコール:曲目不明)

指揮:井上道義
ピア:アンヌ・ケフェレック
オーケストラ・アンサンブル金沢

20:45 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ ヘ長調 K.533(K.494も?)
ピアノ・ソナタ第17番 ニ長調 K.576
グラス・ハーモニカのためのアダージョ ハ長調 K.356
ピアノ・ソナタ第16番 変ロ長調 K.570
トルコ行進曲(アンコール)

ピアノ:菊池洋子

トピックス。

  • ヌーブルジェさん、若いのに素晴らしい演奏。特にK310がよかった。今後注目したいピアニストと感じました。
  • クラリネット五重奏曲、メイエさんの譜面立てと椅子が用意されていないハプニング。ホールのスタッフさんがこのようなミスをするのもかなり珍しいかも。
    しかし、演奏は極上のものでした。
  • ケフェレックさんによるピアノ協奏曲27番の演奏が「天上の音楽」と表現したくなるほど素晴らしくて拍手がいつまでも鳴り止まなかった。
  • 菊池洋子さんのピアノソナタ、とてもよくて、アンコールはトルコ行進曲。

聴衆も演奏者もヴォルテージが上がってきていて、まさに「熱狂の日」と呼ぶにふさわしい状態になってきていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009:1日目

今年もラ・フォル・ジュルネの季節がやってきました!今回は1日目のコンサートが朝早くからあるので前日に金沢入りし、ホテル近くの飲食店で加賀料理と地酒を堪能しました。(気がついたら冷酒を6合近く飲んでいたのには我ながら驚きました^^;)

今年のテーマはモーツァルト。モーツァルトを集中的、意識的に聴くのは今回が初めてで、特にピアノ曲、ピアノ協奏曲に重点を置いて聴くことにしました。

1日目に聴いた公演と曲目

10:45 石川県立音楽堂邦楽ホール
弦楽四重奏曲第19番 ハ長調 K.465「不協和音」
フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285

フルート:工藤重典
モディリアーニ弦楽四重奏団

11:45 石川県立音楽堂コンサートホール
ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 K.271「ジュノム」

指揮:アリ・ヴァン・ベーク
ピアノ:小曽根真
オーヴェルニュ室内管弦楽団

12:45 石川県立音楽堂邦楽ホール
ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」

ピアノ:アンヌ・ケフェレック

14:45 石川県立音楽堂邦楽ホール
ピアノ・ソナタ第2番 ヘ長調 K.280
アダージョ ロ短調 K.540
ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457

ピアノ:サンヤ・ビジャーク

16:00 石川県立音楽堂コンサートホール
歌劇「フィガロの結婚」序曲 K.492
クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

指揮:井上道義
クラリネット:ポール・メイエ
オーケストラ・アンサンブル金沢

17:00 石川県立音楽堂邦楽ホール
J.S.バッハ/モーツァルト編 フーガ K.405
弦楽五重奏曲第5番 ニ長調 K.593

モディリアーニ弦楽四重奏団
ヴィオラ:ジェラール・コセ

18:00 石川県立音楽堂コンサートホール
ディヴェルティメント 変ロ長調 K.137
ピアノ協奏曲第12番 イ長調 K.414

指揮:アリ・ヴァン・ベーク
ピアノ:菊池洋子
オーヴェルニュ室内管弦楽団

19:00 石川県立音楽堂邦楽ホール
デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 K.573
幻想曲 ハ短調 K.475
ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457

ピアノ:アンヌ・ケフェレック

20:00 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ第1番 ハ長調 K.279
ピアノ・ソナタ第2番 ヘ長調 K.280
ピアノ・ソナタ第3番 変ロ長調 K.281

ピアノ:仲道郁代

上記公演でのエピソードなど

  • 10:45の公演は、プログラムではフルート四重奏曲、不協和音の順でしたが、「演奏が華やかに締まるから」という理由で曲順が入れ替えになりました。
  • 小曽根さんによる「ジュノム」のカデンツァは、さすがジャズ・ピアニストだけあって、思いっきりJazzyでした!
  • ケフェレックさんによる、K330、K331は、ゆったり目のテンポで心地よかった。
  • 14:45ではピアノソナタ2番とアダージョが曲順入れ替え。
  • 19:00の演奏では、幻想曲K475とピアノソナタ14番がアタッカで演奏。まるでひとつの曲であるかのような印象を受けました。
  • 20:00の仲道郁代の公演はスコアをおいての演奏でした。表紙が赤だったので、もしかするとウィーン原典版?
    20:00からの公演が1日目最終公演だったので仲道さんがアンコールを演奏されました。
    アンコール曲はK331のトルコ行進曲。

飲食店について
20:00の仲道さんの公演が終わって金沢駅の飲食店街に行ってみたら21:00ラストオーダーの店が多く、開いている店を探すのに苦労しました。公演が遅くまであるのだから、近隣の飲食店のラストオーダーを臨時で延長してもらうなどの配慮が欲しいところで、来年改善されていることを切に希望します。

さあ、今日は10:00から21:45まで7公演聴きます!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Windowsのエラーダンプ解析

昨年の6月に設計を開始し、この2月で一応の完成を見たWindowsアプリケーションを、チームの人に試用してもらっていたところ、「特定の操作をするとアプリが落ちることがある」という報告を受けていました。しかも、一見したところ再現性がない、と。

最初は、ソースコードを読んでバグのありそうなところを一つづつ潰していき、怪しそうな部分にログ出力コードを埋め込み、非常にに怪しいと思われる部分をtry-catchで囲ってみたりしたものの、それでもアプリがクラッシュ(;_;)

で、最後の手段と思って、その名も「Windowsダンプの極意 エラーが発生したら、まずダンプ解析! 」なる本を買いました。

UNIX系OSであればcoreダンプはおなじみのはずで、10年ほど前に(私のキャリアの中で唯一)HP-UXのアプリを開発したとき、かなりお世話になったものですが、Windowsでも同じことができる、というわけです。

つまり、アプリがクラッシュしたときにダンプファイルを出力させ、そのファイルを後から(別のPCでもOk)解析してエラーの原因を突き止めるということが可能になるわけです。

解析に先立って、エラーダンプを解析するためのwindbgというデバッガをマイクロソフトからダウンロード&インストールしたり、リリースビルドでmapファイルを出力するようにVCプロジェクトを設定したり、ターゲットマシンでダンプファイルを出力する設定をしたり、といった準備をしておき、今朝、ダンプファイルをゲット。

昼過ぎまで別の作業があったので、午後3時ごろから解析開始。
windbgの使い方に慣れていないのと、スタックトレースを追いつつ逆アセンブルコードを眺めつつmapファイルを見て対応するソースコードを探したり、で2時間経過。

結果、WM_MOUSEMOVEイベントハンドラの中で落ちていることがわかり、後はソースコードレベルの解析に切り替え。さすがにソースコードレベルの解析は手馴れているので、コードを見た瞬間に「あちゃ~^^;」。
マウスカーソルが特定の場所にあるときに限ってちょっとしたデータ処理をする必要があり、データがゼロのときに処理してはいけないはずのところで処理を突っ走ってしまって不正なメモリ領域をアクセスしていた、というオチでした。

試用してもらっていた環境が「VistaにインストールしたVirtual PC上で動作するXP環境」だったので、その環境に特有の問題かと(根拠のない)推測をしていたのですが、何のことはない、(こう言うのもなんですが)ごく普通のバグでした(--;)

ともあれ、エラーダンプ解析はかなり有用だ、ということが身をもって分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)