« 演奏会案内:2010年8~9月 | トップページ | 素敵な偶然 »

日本国際賞授賞ニュースを見て

デニス・リッチー氏とケン・トンプソン氏が「日本国際賞」を受章したとのニュースを、今日0:00のNHKニュースで知りました。

ソフトウェア業界ではあまりにも有名すぎる、いわゆる「K&R」であり、彼らなくしては、今のIT産業の繁栄もインターネットの繁栄もなかったかもしれないと思うと、ノーベル賞受章にも値するのでは?と思うのですが。

おそらく、「K&R」の2人がいたから、「ソフトウェア開発で飯を食う」ほど、ITが「産業」と言うほど育つのに40年の時間を得ることが出来たのか?・・・もし「K&R」がいなかったら・・・?

少なくとも、2010年のウィキリークスとか2011年のチュニジアの政変はなかったかな。

|

« 演奏会案内:2010年8~9月 | トップページ | 素敵な偶然 »

C/C++」カテゴリの記事

サイエンス/テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/50690129

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国際賞授賞ニュースを見て:

« 演奏会案内:2010年8~9月 | トップページ | 素敵な偶然 »