« 2010年8月 | トップページ | 2012年6月 »

2011年1月

日本国際賞授賞ニュースを見て

デニス・リッチー氏とケン・トンプソン氏が「日本国際賞」を受章したとのニュースを、今日0:00のNHKニュースで知りました。

ソフトウェア業界ではあまりにも有名すぎる、いわゆる「K&R」であり、彼らなくしては、今のIT産業の繁栄もインターネットの繁栄もなかったかもしれないと思うと、ノーベル賞受章にも値するのでは?と思うのですが。

おそらく、「K&R」の2人がいたから、「ソフトウェア開発で飯を食う」ほど、ITが「産業」と言うほど育つのに40年の時間を得ることが出来たのか?・・・もし「K&R」がいなかったら・・・?

少なくとも、2010年のウィキリークスとか2011年のチュニジアの政変はなかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2012年6月 »