« 演奏会レポート:フォーレ四重奏団 | トップページ | 演奏会レポート:第531回京響定期 »

演奏会レポート:多川響子 ベートーヴェン ピアノソナタ完全全曲リサイタル vol.3

ベートーヴェンのピアノソナタ32曲と選帝侯ソナタ3曲を合わせた、35曲の完全全曲リサイタルの3回目です。今回で足掛け3年、全9回のチクルスも1年目、全体の3分の1を終えることになります。

2009年12月13日(日) 15:00 ザ・フェニックスホール
多川響子 ベートーヴェン ピアノソナタ完全全曲リサイタル vol.3

ピアノ 多川響子
解説 横原千史(音楽評論家)

曲目
ピアノソナタ第2番 イ長調 Op.2-2
ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2 「月光」
ピアノソナタ第9番 ホ長調 Op.14-1
ピアノソナタ第28番 イ長調 Op.101

開演前の14:30から、音楽評論家の横原さんと多川さんによるプレトークがあり、このプレトークがこのシリーズの特徴のひとつです。
「月光」が、後の「運命」や「第九」に見られる、フィナーレに向かってどんどん突き進み、フィナーレでクライマックスを迎える、「ベートーヴェン様式」とでも言うべきスタイルの始まりである、という指摘や、ピアノソナタ9番を弦楽四重奏に編曲した版(Hess34)の冒頭部分を聴かせて頂いたりと、新たに知ることの多いプレトークでした。

今回は1階席の前の方の左側の席から、多川さんの手の動きに注目しながら聴いていました。プレトークのときに多川さんが「2番のソナタは初期のソナタだから易しいということはなく、むしろ初期のソナタだから難しい」とおっしゃっていましたが、何というか、ピアノを触ったことのない素人には絶対に不可能な手の動きがあった様に記憶しています。
また、28番の終楽章で4声のフーガが出てくる部分も「弦楽器ならそれぞれがひとつの旋律を弾いていればいいけれど、ピアノで4声は難しい」という横原さんと多川さんのプレトークでの会話を思い出しながら聴いていると、アレグロで演奏される4声フーガというのがどれほど難しいか思い知らされました。
つくづく、ベートーヴェンは新しい技法やスタイルを生み出し続けていたものだと認識を新たにした次第です。

|

« 演奏会レポート:フォーレ四重奏団 | トップページ | 演奏会レポート:第531回京響定期 »

演奏会レポート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/47015932

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会レポート:多川響子 ベートーヴェン ピアノソナタ完全全曲リサイタル vol.3:

« 演奏会レポート:フォーレ四重奏団 | トップページ | 演奏会レポート:第531回京響定期 »