« 演奏会案内:2009年12月分 | トップページ | 演奏会案内:2010年1月 »

演奏会レポート:京都市交響楽団第530回定期演奏会

今回の京響定期はベートーヴェンのトリプル・コンチェルトとサン=サーンスのオルガンつきという、超豪華なプログラムでした。

2009年11月28日(土) 14:30 京都コンサートホール大ホール
京都市交響楽団第530回定期演奏会

指揮    広上淳一
ヴァイオリン 堀米ゆず子
チェロ    宮田大
ピアノ    アブデル・ラーマン・エル=バシャ
オルガン   桑山彩子

曲目
モーツァルト  歌劇「魔笛」序曲 K.620
ベートーヴェン ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための三重協奏曲ハ長調 op.56
サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調「オルガン交響曲」 op.78

ベートーヴェンのトリプル・コンチェルトは、チェロの宮田さんの若々しく勢いのある演奏を、ベテランの堀米さんとエル=バシャさんがサポートする格好で、とても息のあった演奏であり、大規模な協奏曲としての面だけでなく、室内楽的な面からも楽しめた演奏でした。宮田さんは先日のロストロポーヴィチ・コンクールで日本人初の優勝者とのことで、これからの活躍が楽しみです。

休憩を挟んでサン=サーンスの「オルガンつき」。学生時代に大学オケで聴いたような記憶はあるのですがプロのオーケストラで実演を聴くのは多分初めてでした。実演で聴いてみて、オーケストラとオルガンの音響を思う存分楽しむことができました。

アンコールは、グリーグの「2つの悲しき旋律」から第2曲「過ぎにし春」。弦楽パートのみの物悲しい雰囲気のある曲でした。

今年に入ってから聴きに出かけた京響の演奏会は、「良かった」と思える演奏会の率が高くて、次に聴きに行く演奏会が今から楽しみ、という嬉しい状況が続いています。

|

« 演奏会案内:2009年12月分 | トップページ | 演奏会案内:2010年1月 »

演奏会レポート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/46890681

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会レポート:京都市交響楽団第530回定期演奏会 :

» 京都市交響楽団第530回定期演奏会 [Tany&wife's blog from 名古屋]
京都市交響楽団 第530回定期演奏会 [続きを読む]

受信: 2009/12/02 22:01

« 演奏会案内:2009年12月分 | トップページ | 演奏会案内:2010年1月 »