« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

演奏会レポート:京都市交響楽団第529回定期演奏会

今回の京響定期はモーツァルトの「リンツ」とブルックナー9番。かつての常任指揮者である井上道義さんの指揮です。井上さんとブルックナーが気持ち的にいまいち結びつかなかったので楽しみではありました。

2009年10月30日(金) 19:00 京都コンサートホール大ホール

指揮 井上道義
京都市交響楽団

曲目
モーツァルト 交響曲第36番ハ長調「リンツ」K.425
ブルックナー 交響曲第9番ニ長調(ノヴァーク版)

恒例のプレトーク、かつて井上さんが常任だった頃は開演時間後に「プレトーク」されていたのですが、今は開演時間前のプレトークです。
プレトークでは、音楽のことよりも、かつての京響コンサートマスターであり、10月9日に逝去された工藤千博氏への想い、生きることと死ぬことの意味、といったことを語っておられました。

この日は、日中の仕事で頭がムチャクチャに疲れていたせいもあってか・・・、モーツァルトでは気持ちよく眠ってしまってました(_ _;;)・・・井上さん、京響の皆さん、ゴメンナサイ。

休憩を挟んでのブルックナー9番・・・。ブルックナーの9番って、こんなに緊張感の高い曲やったんや・・・。と言うのが第1楽章の冒頭を聴いての印象でした。1回きりの演奏のその場に居合わせないと感じることのできないもの、CDで漫然と聴いているだけでは永久にわからない作曲者や演奏者の想い・・・。昨夜の演奏を聴いての印象とか想いとかを、まだうまく言葉として整理できないのですが・・・。
ブルックナー9番を指揮していた井上さんが、第1楽章の後半あたりで、タクトを振りながら、客席にいた、工藤千博さんの夫人でヴァイオリニストの小栗まち絵さんの方に顔を向けておられたのが、今も印象に残っています。井上さん自身に音楽だけでは表現できない、言葉にもできないいろいろな想いがあったものと感じた瞬間でした。それは単に追悼と言う意味ではない、過去のいろいろな思い出とか未来に向かっていく気持ちとか今の瞬間を大事に一生懸命に生きるとか・・・生きることと死ぬことの意味を聴き手に問いかける・・・そんな演奏だったように感じられてならないです。
全曲を通した印象としては、非常に高い緊張感がずっと維持されていて、生の演奏を聴いて違う世界に連れて行かれる感覚、音楽好きであることの幸せ、そういったことを実感できた演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会レポート:芦屋交響楽団

アマチュアのオーケストラである芦屋交響楽団、2000年2月に聴いて以来2度目です。今回のお目当てはショーソンの交響曲。17、8年前に初めてCDで聴いたものの、今まで実演に接する機会のなかった曲です。

2009年10月18日(日) 15:00 兵庫県立芸術文化センター 大ホール
芦屋交響楽団 第72回定期演奏会

指揮 松尾葉子

曲目
ラヴェル    ラ・ヴァルス
芥川也寸志 交響三章(トリニタ・シンフォニカ)
ショーソン   交響曲 変ロ長調 作品20

プログラムによると、芦屋交響楽団は1967年に結成されたオーケストラで、1977年から芥川也寸志による指導で成長したとのことで、曲目に芥川作品が取り上げられていることに納得した次第です。

ラ・ヴァルスは、優雅なワルツ、行進曲風な部分、最後のプレストと、いずれも(アマチュアのオケにしては)かなりの出来だったように思います。少なくともコーダで誰も脱落してなかったみたいだし。

交響三章は、第1楽章のカプリッチョが、まるでショスタコーヴィチの交響曲1番や9番を感じられるユーモラスな旋律でした。第2楽章のニンネレッラ(子守唄)は同じような旋律がずっと続いていたせいか、本当に眠りそうになりました・・・。第3楽章のフィナーレは、各パートの強奏で始まり、賑やかな曲想でした。

休憩を挟んでのショーソンの交響曲は、十数年CDで聴いてはいたものの、実際にコンサートホールで聴くと、繊細さと力強さ、各パートの掛け合いによる音色の移ろいゆく様子に改めて気付かされました。
プログラムでの曲目解説は団員さんが書いているようで、ショーソンの解説は初めてショーソン作品を知ったという方が書いていましたが、第3楽章冒頭を「SF映画の戦闘シーンのように」と表現されていました。ショーソンがワグネリアンであり、新婚旅行でバイロイト音楽祭を訪れたことを思い出すと、「ワルキューレの騎行」に似てなくもないかな、と感じました。
ともあれ、プログラムの締めとしてのショーソンの出来はかなりよかったのでは、と感じました。

アンコールはサン=サーンスの「死の舞踏」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »