« 演奏会レポート:芦屋交響楽団 | トップページ | 演奏会案内:2009年12月分 »

演奏会レポート:京都市交響楽団第529回定期演奏会

今回の京響定期はモーツァルトの「リンツ」とブルックナー9番。かつての常任指揮者である井上道義さんの指揮です。井上さんとブルックナーが気持ち的にいまいち結びつかなかったので楽しみではありました。

2009年10月30日(金) 19:00 京都コンサートホール大ホール

指揮 井上道義
京都市交響楽団

曲目
モーツァルト 交響曲第36番ハ長調「リンツ」K.425
ブルックナー 交響曲第9番ニ長調(ノヴァーク版)

恒例のプレトーク、かつて井上さんが常任だった頃は開演時間後に「プレトーク」されていたのですが、今は開演時間前のプレトークです。
プレトークでは、音楽のことよりも、かつての京響コンサートマスターであり、10月9日に逝去された工藤千博氏への想い、生きることと死ぬことの意味、といったことを語っておられました。

この日は、日中の仕事で頭がムチャクチャに疲れていたせいもあってか・・・、モーツァルトでは気持ちよく眠ってしまってました(_ _;;)・・・井上さん、京響の皆さん、ゴメンナサイ。

休憩を挟んでのブルックナー9番・・・。ブルックナーの9番って、こんなに緊張感の高い曲やったんや・・・。と言うのが第1楽章の冒頭を聴いての印象でした。1回きりの演奏のその場に居合わせないと感じることのできないもの、CDで漫然と聴いているだけでは永久にわからない作曲者や演奏者の想い・・・。昨夜の演奏を聴いての印象とか想いとかを、まだうまく言葉として整理できないのですが・・・。
ブルックナー9番を指揮していた井上さんが、第1楽章の後半あたりで、タクトを振りながら、客席にいた、工藤千博さんの夫人でヴァイオリニストの小栗まち絵さんの方に顔を向けておられたのが、今も印象に残っています。井上さん自身に音楽だけでは表現できない、言葉にもできないいろいろな想いがあったものと感じた瞬間でした。それは単に追悼と言う意味ではない、過去のいろいろな思い出とか未来に向かっていく気持ちとか今の瞬間を大事に一生懸命に生きるとか・・・生きることと死ぬことの意味を聴き手に問いかける・・・そんな演奏だったように感じられてならないです。
全曲を通した印象としては、非常に高い緊張感がずっと維持されていて、生の演奏を聴いて違う世界に連れて行かれる感覚、音楽好きであることの幸せ、そういったことを実感できた演奏会でした。

|

« 演奏会レポート:芦屋交響楽団 | トップページ | 演奏会案内:2009年12月分 »

演奏会レポート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/46629471

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会レポート:京都市交響楽団第529回定期演奏会:

« 演奏会レポート:芦屋交響楽団 | トップページ | 演奏会案内:2009年12月分 »