« ドメイン取引 | トップページ | 演奏会案内:2009年11月分 »

演奏会レポート:オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演

OEK大阪公演は今回初めて聴くのですが、ゴールデン・ウィークのラ・フォル・ジュルネ金沢の名残のような、モーツァルトがメインのプログラムでした。

2009年9月23日(水・祝) 15:00 ザ・シンフォニーホール
オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演

指揮 井上道義
ピアノ コルネリア・ヘルマン

曲目
グノー    小交響曲 変ロ長調
モーツァルト ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488
モーツァルト 交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

開演前、エントランスでOEKメンバーが弦楽四重奏を演奏して聴衆をお出迎え、でした。バッハのアリアと、あともう一曲も、たぶん管弦楽組曲からだったと思います。

グノーの小交響曲は、「交響曲」と名づけられてはいるものの、実際は指揮者つきの管楽九重奏曲でした。フルート1、オーボエ2、ホルン2、ファゴット2、クラリネット2だったように記憶しています。
この編成なら普通は室内楽曲として扱いそうなものですが、作曲者の意図次第では交響曲として扱われるものなのか・・・?と、疑問に思っていましたが、短いながらも聴いていて楽しい曲でした。

ピアノ協奏曲23番。ピアノのヘルマンさんの演奏は流麗なもので、非の打ち所がなかったと感じましたし、オーケストラも弦が3プルトと小さいことから引き締まった音色、小回りの効く演奏と感じました。

休憩を挟んでのジュピターについてもピアノ協奏曲と同じく、引き締まった音色と小回りの効いた演奏が聴いていて気持ちいいくらいでした。

アンコールには、メンデルスゾーンのスケルツォ(だったか?)と、ピチカート・ポルカ(多分^^;)が演奏され、会場は非常に盛り上がっていました。
今日の演奏会を聴いていて、井上さんと最も相性のいいオーケストラはOEKではないか、と言うことを感じ、来年も、ラ・フォル・ジュルネ金沢か大阪公演を聴きたい、と期待させてくれる素晴らしい演奏でした。

|

« ドメイン取引 | トップページ | 演奏会案内:2009年11月分 »

演奏会レポート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/46293537

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会レポート:オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演:

« ドメイン取引 | トップページ | 演奏会案内:2009年11月分 »