« 演奏会レポート:京都市交響楽団第526回定期演奏会 | トップページ | 演奏会案内:2009年9月分 »

演奏会レポート:石上真由子ヴァイオリンリサイタル

前日の京響定期に続いての連続コンサート2日目。ルクー聴きたさに足を運んだ演奏会でした。
ヴァイオリンの石上さんは初めて聴く方なので予想ができなかったのですが、ピアノの船橋さんは今までに滋賀、京都、大阪でここ10年の間に何度も室内楽のピアノパートを演奏されてきたのを聴いていて、安心できる演奏をされるアンサンブル・ピアニストなのが十分にわかっていたので楽しみでした。

2009年7月24日(金) 19:00 京都府立府民ホール アルティ
石上真由子 ヴァイオリンリサイタル 京の俊英演奏家シリーズ Vol.36

ピアノ 船橋美穂

曲目
ヤナーチェク ヴァイオリン・ソナタ
ジョリヴェ   スイット ラプソディック
イザイ    悲劇的な詩 op.12
ルクー    ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調

プログラムに書かれていたプロフィールを見てびっくりしたのが、石上さんの年齢。1991年生まれの高校3年生。そんなに若いのに、昨年の京都フランス音楽アカデミーでは受講生による終了コンサートに出演し、これまた昨年の日本音楽コンクールではヴァイオリン部門2位と岩谷賞(聴衆賞)を受賞している、という経歴の持ち主で、かなり期待できそうと感じました。

演奏が始まってみると、ヤナーチェクのソナタを演奏する姿の真摯さに心を惹かれました。もちろん演奏そのものも素晴らしかった。続いてのジョリヴェは無伴奏作品で、演奏する側にとっても聴く側にとってもかなり難しい曲でしたが、かなり技巧的に難しいと思われる奏法もしっかり決めていました。

休憩を挟んでのイザイも相当に気合の入った演奏でしたが、なんと言ってもプログラムの最後のルクーが圧巻でした。
第1楽章の最初の音からして、今までに聴いたルクーのソナタの演奏と違って、すごくのびのびとおおらかな演奏だったのです。第2楽章は少し速めのテンポで、儚い気分を醸し出していました。第3楽章は一転して熱を帯びた演奏で、曲が進むにつれて聴いている私のボルテージがどんどん上がってきて、文字通り手に汗握るくらいの熱い演奏でした。
曲が終わったときに思わずブラボーの声を上げていた自分にびっくりしました。

ルクーを全曲弾き終わってほっとしたのか、感極まってしまったのか、思わず泣き出した石上さん。
「ああ、やっぱりまだ高校生やなぁ」、と微笑ましく思いました。

アンコールは、ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女、ラヴェルのハバネラ、フォーレの子守唄の3曲で、本当に楽しそうに演奏していた姿が印象的でした。

このリサイタルを通して聴いてみて感じたのは、石上さんの演奏が非常に確かなもので、これからの成長がとても楽しみということです。
それにしても・・・、高校生がルクーを演奏する時代になったのか、と感慨深いものがありました。

|

« 演奏会レポート:京都市交響楽団第526回定期演奏会 | トップページ | 演奏会案内:2009年9月分 »

演奏会レポート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/45725060

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会レポート:石上真由子ヴァイオリンリサイタル:

« 演奏会レポート:京都市交響楽団第526回定期演奏会 | トップページ | 演奏会案内:2009年9月分 »