« 6月21日 大植英次/ハノーファー北ドイツフィルハーモニー:マーラー第9 | トップページ | 演奏会案内:2009年8月分 »

演奏会レポート:大植英次/ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー

ネットでこのコンサートの情報を知ったときには、おそらく出遅れているのでは?、と思ってチケットの入手を諦めていたのですが、先週、チケットぴあのサイトを見たらまだチケットが残っていたので速攻で入手しました。

2009年6月21日(日) 14:00 ザ・シンフォニーホール

ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー
指揮:大植英次

曲目
マーラー 交響曲第9番

プログラムによると、大植英次にとってマーラーの第9は非常に特別な曲であったらしいです。
1979年8月のタングルウッド音楽祭でバーンスタイン指揮/ボストン交響楽団の演奏で初めて聴き、「物凄いものを聴いた」感動で涙が止まらなかった、指揮をできるようになったのがようやく最近になってのことでハノーファーの首席指揮者としての最後の定期演奏会を兼ねた今回の日本公演の曲目を選ぶ際も、「これをやりたい」と思っていた本人が何も言わないうちに、オーケストラの方から「マーラーの9番で」と提案されたとのことです。

もちろん、私にとってもマーラーの9番は特別な曲で、今からちょうど20年前、大学に入った直後にたまたま読んだ本で、バーンスタイン/アムステルダム・コンセルトヘボウのマーラーの9番がいい、と知って聴いてみたのですが、一度聴いてすっかり虜になり、その後1ヶ月間、通学電車の中のウォークマン、自宅でもCDで聴き続け、その1ヶ月間だけで100回近く聴いたのではないかと思います。この経験が、クラシック音楽に深く入り込むきっかけになったのでした。

演奏は、殊に弦楽器の音色の美しさが印象深かったのですが、もちろん木管、金管も絶品でした。テンポ設定は、バーンスタイン/アムステルダム・コンセルトヘボウのCDよりも遅めで、実演、CD含めて今までに聴いた演奏の中では、おそらく最もゆったりしたテンポだったと思います。
全曲を通して、穏やかな部分と荒々しい部分とのコントラストが際立っており、非常に胸を打つ演奏でした。
第1楽章の冒頭で思わず涙をぬぐってしまったほどです。

第4楽章が消え行くように終わった後、大植さんは30秒ほど身動きもせず、聴衆も息をひそめて大植さんがタクトを下ろすのを待っていました。その後の拍手は30分近く鳴り響き続けました。
大植さんがそれぞれのパートの奏者に拍手を送るのみならず、オーケストラのメンバー全員から大植さんに拍手を送る姿を見て、大植さんとハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーのメンバーの間の信頼関係を垣間見た気がしました。

|

« 6月21日 大植英次/ハノーファー北ドイツフィルハーモニー:マーラー第9 | トップページ | 演奏会案内:2009年8月分 »

演奏会レポート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/45411192

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会レポート:大植英次/ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー:

« 6月21日 大植英次/ハノーファー北ドイツフィルハーモニー:マーラー第9 | トップページ | 演奏会案内:2009年8月分 »