« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

演奏会レポート:松山冴花&津田裕也 デュオ・リサイタル

松山冴花さんは、2007年10月にびわこホールでリサイタルを聴いたのが初めてで、それがきっかけでこのブログをはじめたのでした。4ヶ月前にチケットを確保し、どんな演奏になるのだろうと期待して、京都からはるばる西宮まで出向きました。

2009年5月9日(土) 15:00 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
松山冴花&津田裕也 デュオ・リサイタル

ヴァイオリン 松山冴花
ピアノ    津田裕也

曲目
ベートーヴェン ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第5番 ヘ長調 op.24「春」
ドヴォルザーク ロマンス ヘ長調 op.11
シューマン   3つのロマンス op.94
フランク     ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調

小ホールは今回初めてでしたが、客席はステージを360度取り囲み、入口から席が1段づつ下がって最前列の席から低いステップを2段上がったところにステージが配置されているので、最前列以外の席からはステージを見下ろす形になります。また、天井が非常に高いので響きが非常によいことも特筆しておくべきでしょう。

「春」とフランクのソナタを両端に、真ん中に小品という曲目の配置は、非常に聴きやすいと感じました。
どの曲も、勢いで突っ走るような演奏でなく、若々しさの中に落ち着きがあるとでも表現したらいいのか、ゆったりと落ち着いて聴くことのできるいい演奏でした。

アンコールは、ヴィターリのシャコンヌ、バッジーニの妖精の踊りの2曲で、特に妖精の踊りはかなり難度の高い演奏技法のオンパレードでヴァイオリンを聴く醍醐味を十二分に味わうことができました。

また、会場では5月25日発売の、この2人のデュオのCDを販売していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会案内:2009年6月分

2009年6月に行ってみたいコンサートを列挙します。なんだか京響関係が多いです・・・。

6月6日(土)15:00 いずみホール
宮崎 剛 ピアノで第九!
ソプラノ 雑賀美可
アルト  田中友輝子
テノール 小餅谷哲男
バリトン 田中 勉
合唱  京都バッハ合唱団

曲目
ベートーヴェン 交響曲 第9番 ニ短調 op.125 (ワーグナー編曲版 全曲演奏)
         ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 op.27-2「月光」

ベートーヴェンの第9のワーグナー編曲版は、小川典子さんのピアノ、バッハ・コレギウム・ジャパンのCDで聴いたことがありますが、まさか実演を聴く機会が来ようとは!要チェックです。

6月12日(金)19:00 バロックザール 青山音楽記念館
フロラン・シャレール オーボエリサイタル
ピアノ         河合珠江
弦楽四重奏(ゲスト) カルテット・デッラ・ヴォーチェ

曲目
プーランク  オーボエソナタ
パスクリ   コンチェルト (歌劇「ファボリータ」の主題による)
モーツァルト オーボエ五重奏曲 ト短調 K.516

京響オーボエ奏者のシャレールさんのリサイタル。フランス人のオーボエでプーランクを聴けるのは非常に楽しみです。

6月28日(日)14:00 バロックザール 青山音楽記念館
アンサンブル アンフィニコンサート Vol.2 フランスからの薫風 ~透きとおる幻想
フルート       西尾牧子
ハープ        松村衣里
ヴィオラ       高村明代
ヴァイオリン(客演) 森下幸路
チェロ        渡辺正和

曲目
フォーレ   金の涙
ラヴェル   亡き王女のためのパヴァーヌ
ドビュッシー 子供の領分
ジョリヴェ   リノスの歌
ダマーズ   五重奏,ほか

アンサンブル・アンフィニは、京響のフルート、ハープ、ヴィオラ奏者お三方によるトリオです。フルート、ハープ、ヴィオラの編成のオリジナル曲はかなり限られてくるので編曲ものが多くなるはずですが、そこはこの編成による響きや音色の美しさを楽しみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009:3日目

いよいよ最終日、3日目です。「アイネ・クライネ」、きらきら星変奏曲、ピアノ協奏曲20番、レクイエムと、立て続けに超有名曲が演奏されるので、聴き手のテンションもどんどん上がってきます。

3日目に聴いたコンサート、曲目です。

10:30 石川県立音楽堂邦楽ホール
ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
セレナード第13番 ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
L.モーツァルト:おもちゃ交響曲 ハ長調

オーケストラ・アンサンブル金沢メンバー

11:45 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調 K.309
ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 ハ長調 K.265
トルコ行進曲(アンコール)

ピアノ:菊池洋子

14:30 石川県立音楽堂邦楽ホール
ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲第2番 変ロ長調 K.424
ピアノ三重奏曲 変ホ長調 K.498「ケーゲルシュタット」

クラリネット:ポール・メイエ
ヴァイオリン:戸田弥生
ヴィオラ:ジェラール・コセ
ピアノ:仲道郁代

15:30 石川県立音楽堂コンサートホール
交響曲第1番 変ホ長調 K.16
ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466

指揮:井上道義
ピアノ:菊池洋子
桐朋アカデミー・オーケストラ

17:30 石川県立音楽堂コンサートホール
レクイエム ニ短調 K.626
アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618

指揮:ゴルカ・シエラ
ソプラノ:森麻季
メゾソプラノ:ダニエラ・ジャコヴァ
テノール:マーク・フォウラー
バリトン:ヴェセリン・ストイコフ
ラ・フォル・ジュルネ合唱団
シンフォニア・ヴァルソヴィア

トピックス。

  • 交響曲第1番の楽章間で井上さんが一言コメント。
    第1楽章の後では、「モーツァルトは8歳か9歳のころにこの音楽を書きました。(9歳の子供さんを指して)君にもこの音楽を書けるぜ」と言って会場を沸かせ、第2楽章の後では、「第2楽章には『ジュピター』の主題が隠れています。8歳のときにジュピターの主題を書いてるんです。変ですね。」と笑わせて。
    京響の音楽監督時代もこういう類の一言はありましたが、今も健在なようです(笑い)
  • ピアノ協奏曲第20番のカデンツァは、菊池洋子さんオリジナルのカデンツァでした。既にリリースされている菊池さんのCD(井上道義/OEK)と同じで、井上さんは菊池さんの手の内を知り尽くしたかのようにカデンツァの演奏を眺めていました(^^;)
  • 15:30からの公演で交響曲1番、ピアノ協奏曲20番が終わった後、オーケストラによるモーツァルト・メドレーで華やかに演奏を締めました。
  • 17:30からの演奏は先にレクイエムが演奏され、アンコールピースのような感じでアヴェ・ヴェルム・コルプスが演奏されました。
  • レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプスの後の本当のアンコールは、なんと、ルネ・マルタン氏の名前を合唱が歌う、と言う思わず笑ってしまう演出がありました。

3日間を振り返ってみると、トータルで20公演、途中で何度か意識が朦朧としつつも(^^;;)、何とか聴き通すことができました。大きな収穫は、ポール・メイエさんと菊池洋子さんの演奏をすべて聴けたこと、あと、意識していたわけではないですがアンヌ・ケフェレックさんの演奏もすべて聴いていて、この3人の方の演奏を聴けたのは、おそらく今年前半で最大の収穫になるのかな、と感じました。小曽根さんによる思いっきりJazzyな「ジュノム」のカデンツァも面白かったし、若手ではヌーブルジェさんの演奏が非常に説得力のあるもので、今後が非常に楽しみと感じました。

来年のラ・フォル・ジュルネのテーマが何になるのかわかりませんが、京都に戻ってまだ1日しか経っていない今から非常に楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009:2日目

ラ・フォル・ジュルネ2日目です。コンサート聴きまくり&うまいもの食べまくりな日が続いてます。日本酒の摂取量が多すぎて恐ろしいことになっています(--;;)。エキナカのおすし屋さん、昨年も行ったのですがどうやら顔を覚えられていたらしいです。まあ、一人でぷらっと入って1万円近く使う客なんていないでしょうから・・・・。

2日目に聴いた演奏会と曲目です。

10:00 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 K.452

ピアノ:アンヌ・ケフェレック
シンフォニア・ヴァルソヴィア・ソロイスツ

12:15 石川県立音楽堂邦楽ホール
弦楽四重奏曲第14番 ト長調 K.387
ハイドン:弦楽四重奏曲 ト長調 Op.77-1

モディリアーニ弦楽四重奏団

14:45 金沢市アートホール
ハイドン:ピアノ・ソナタ第47番 ロ短調 Hob.XVI-32
ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283
ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310
バッハ:イタリア協奏曲(アンコール)

ピアノ:ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ

16:15 石川県立音楽堂邦楽ホール
フルート四重奏曲第2番 ト長調 K.285a
クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581「シュタードラー」

フルート:工藤重典
クラリネット:ポール・メイエ
モディリアーニ弦楽四重奏団

17:45 石川県立音楽堂コンサートホール
交響曲第27番 ト長調 K.199
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
(アンコール:曲目不明)

指揮:井上道義
ピア:アンヌ・ケフェレック
オーケストラ・アンサンブル金沢

20:45 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ ヘ長調 K.533(K.494も?)
ピアノ・ソナタ第17番 ニ長調 K.576
グラス・ハーモニカのためのアダージョ ハ長調 K.356
ピアノ・ソナタ第16番 変ロ長調 K.570
トルコ行進曲(アンコール)

ピアノ:菊池洋子

トピックス。

  • ヌーブルジェさん、若いのに素晴らしい演奏。特にK310がよかった。今後注目したいピアニストと感じました。
  • クラリネット五重奏曲、メイエさんの譜面立てと椅子が用意されていないハプニング。ホールのスタッフさんがこのようなミスをするのもかなり珍しいかも。
    しかし、演奏は極上のものでした。
  • ケフェレックさんによるピアノ協奏曲27番の演奏が「天上の音楽」と表現したくなるほど素晴らしくて拍手がいつまでも鳴り止まなかった。
  • 菊池洋子さんのピアノソナタ、とてもよくて、アンコールはトルコ行進曲。

聴衆も演奏者もヴォルテージが上がってきていて、まさに「熱狂の日」と呼ぶにふさわしい状態になってきていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009:1日目

今年もラ・フォル・ジュルネの季節がやってきました!今回は1日目のコンサートが朝早くからあるので前日に金沢入りし、ホテル近くの飲食店で加賀料理と地酒を堪能しました。(気がついたら冷酒を6合近く飲んでいたのには我ながら驚きました^^;)

今年のテーマはモーツァルト。モーツァルトを集中的、意識的に聴くのは今回が初めてで、特にピアノ曲、ピアノ協奏曲に重点を置いて聴くことにしました。

1日目に聴いた公演と曲目

10:45 石川県立音楽堂邦楽ホール
弦楽四重奏曲第19番 ハ長調 K.465「不協和音」
フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285

フルート:工藤重典
モディリアーニ弦楽四重奏団

11:45 石川県立音楽堂コンサートホール
ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 K.271「ジュノム」

指揮:アリ・ヴァン・ベーク
ピアノ:小曽根真
オーヴェルニュ室内管弦楽団

12:45 石川県立音楽堂邦楽ホール
ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」

ピアノ:アンヌ・ケフェレック

14:45 石川県立音楽堂邦楽ホール
ピアノ・ソナタ第2番 ヘ長調 K.280
アダージョ ロ短調 K.540
ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457

ピアノ:サンヤ・ビジャーク

16:00 石川県立音楽堂コンサートホール
歌劇「フィガロの結婚」序曲 K.492
クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

指揮:井上道義
クラリネット:ポール・メイエ
オーケストラ・アンサンブル金沢

17:00 石川県立音楽堂邦楽ホール
J.S.バッハ/モーツァルト編 フーガ K.405
弦楽五重奏曲第5番 ニ長調 K.593

モディリアーニ弦楽四重奏団
ヴィオラ:ジェラール・コセ

18:00 石川県立音楽堂コンサートホール
ディヴェルティメント 変ロ長調 K.137
ピアノ協奏曲第12番 イ長調 K.414

指揮:アリ・ヴァン・ベーク
ピアノ:菊池洋子
オーヴェルニュ室内管弦楽団

19:00 石川県立音楽堂邦楽ホール
デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 K.573
幻想曲 ハ短調 K.475
ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457

ピアノ:アンヌ・ケフェレック

20:00 金沢市アートホール
ピアノ・ソナタ第1番 ハ長調 K.279
ピアノ・ソナタ第2番 ヘ長調 K.280
ピアノ・ソナタ第3番 変ロ長調 K.281

ピアノ:仲道郁代

上記公演でのエピソードなど

  • 10:45の公演は、プログラムではフルート四重奏曲、不協和音の順でしたが、「演奏が華やかに締まるから」という理由で曲順が入れ替えになりました。
  • 小曽根さんによる「ジュノム」のカデンツァは、さすがジャズ・ピアニストだけあって、思いっきりJazzyでした!
  • ケフェレックさんによる、K330、K331は、ゆったり目のテンポで心地よかった。
  • 14:45ではピアノソナタ2番とアダージョが曲順入れ替え。
  • 19:00の演奏では、幻想曲K475とピアノソナタ14番がアタッカで演奏。まるでひとつの曲であるかのような印象を受けました。
  • 20:00の仲道郁代の公演はスコアをおいての演奏でした。表紙が赤だったので、もしかするとウィーン原典版?
    20:00からの公演が1日目最終公演だったので仲道さんがアンコールを演奏されました。
    アンコール曲はK331のトルコ行進曲。

飲食店について
20:00の仲道さんの公演が終わって金沢駅の飲食店街に行ってみたら21:00ラストオーダーの店が多く、開いている店を探すのに苦労しました。公演が遅くまであるのだから、近隣の飲食店のラストオーダーを臨時で延長してもらうなどの配慮が欲しいところで、来年改善されていることを切に希望します。

さあ、今日は10:00から21:45まで7公演聴きます!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »