« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月下旬、コンサート2題。

この連休は、21日(金)に京響定期、23日(日・祝)にヴァイオリン・リサイタルを聴いてきました。
23日は3連休の2日目ということもあり、コンサートホールへの移動のために通過した京都市内の主要な駅はどこも凄まじい混雑ぶりでした(@@)

11月21日(金)19:00 京都コンサートホール 大ホール
京都市交響楽団 第518回定期演奏会

指揮 下野竜也
独奏 古川展生(チェロ)

曲目
岡坂慶紀   哀歌(エレジー) ~弦楽オーケストラのために~
グルダ     チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲
ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」op.67

ベートーヴェンの「運命」は、「名曲コンサート」の類で取り上げられることはあっても、定期演奏会で取り上げられることは殆どないし、よくよく考えてみると、一度も「運命」の実演を聴いたことがなかったので、この機会に聴いておこう、ということで、当日は18時の定時ジャストで派遣先を出て、コンサートホールに着いたらプレトークの直前。

下野氏のプレトークでは、「今日の演奏会のテーマはありません。私が皆さんに聴いてほしいと思う曲を並べました。今日は音楽のデパートと思っていただきたいと思います。」とのことでした。

岡坂慶紀のエレジーは、非常に静かな雰囲気の曲ではあったのですが、正直あまり印象に残らないというか・・・。現代曲で弦楽合奏で静かな雰囲気で緩徐な曲はたくさんあるので。

グルダの曲は、ポピュラー音楽の要素を取り入れているとのことでしたが、古臭さは否めないところでした。1980年作曲の作品ということで、その当時のポピュラー音楽を取り入れたのでしょうが・・・。
私が記憶しているポピュラー音楽だと、マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」とかマイケル・ジャクソンの「スリラー」と言った1980年代半ば頃なので、それ以前となると個人的な記憶から古臭さを感じるのでしょう。
もしかすると、あと数十年経って、ポピュラー音楽が完全に過去のものになったときにもう一度聴いてみると、違った印象を持つかもしれません。

「運命」は、やや速めのテンポで、圧倒的な推進力を感じさせる演奏でした。第3楽章コーダからアタッカで続く第4楽章は、CDで何十回、何百回と聴いていますが、やっぱり実演で聴くと迫力が違います。第4楽章のコーダまで聴き終えたときは、カタルシスさえ感じました。

11月23日(日・祝)14:30 バロックザール 青山音楽記念館
荻原尚子 ヴァイオリンリサイタル 2005年度青山音楽賞受賞研修成果披露演奏会

ピアノ 上法 奏

曲目
ブラームス ヴァイオリンソナタ 第1番 ト長調 op.78「雨の歌」
       ピアノとヴァイオリンのためのスケルツォ ハ短調 WoO2
イザイ   無伴奏ヴァイオリンソナタ イ短調 op.27-2
フォーレ  ヴァイオリンソナタ 第1番 イ長調

バロックザールへ行くためには、いつも阪急の桂駅で京都線から嵐山線に乗り換えるのですが、この日は3連休の中日。嵐山に紅葉を観に行くものと思われる観光客でごった返していて、通常では有り得ない混雑ぶり(@@)

プログラムによると、荻原さんはケルンのWDR交響楽団(WDR交響楽団?、と思ったのですが、かつてはケルン放送交響楽団と紹介されていたオケらしいです)のコンサートマスターとのこと。ドイツの名門オーケストラのコンサートマスターということで期待は高まります。

ブラームスの「雨の歌」第1楽章で、ヴァイオリンの1音を聴いた瞬間、響きの美しさと豊かさにすっかり心を奪われてしまいました。音楽が高揚するところでのピアノとヴァイオリンの力強い響きも、繊細な部分での響きも、どちらもとても美しいものでした。その場に居合わせたすべての聴衆もそう思ったようで、第1楽章が終わるや、拍手が沸き起こりました。
第2楽章も第3楽章も素晴らしく、第3楽章の静かに終わるコーダの余韻、音楽自体は終わっていて奏者も楽器から手を離していても、その余韻までも美しいと思えた、ブラームスのソナタでした。
ブラームスのスケルツォは、チェロ用に編曲されたものを長谷川陽子さんのCDで聴き馴染んでいるものでした。「雨の歌」とは打って変わって、力強く勢いのある音楽を聴かせて頂きました。

休憩を挟んで、イザイの無伴奏ソナタ。技巧的かつ緊張感の高い音楽を全く破綻なく演奏される荻原さんの姿に鬼気迫るものすら感じました。
最後のフォーレのソナタ1番。繊細かつ息の長いフレーズをこの上ないと思わせるくらい美しく演奏されました。

全部通してみると、荻原さんと上法さんのコンビネーションが抜群で、おそらく、今年聴いた室内楽の演奏の中でも5本の指に入るくらいいい演奏会だったと思います。
すっかり荻原さんの演奏に惹きこまれてしまい、今週末は愛知県豊田市まで荻原さんの出演する弦楽四重奏の演奏会を聴きに行くことを急遽決めました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

演奏会案内:2008年12月分

2008年12月に聴きに行きたい演奏会を列挙します。12月前半の山は児玉桃によるメシアン、後半はさながら「ベートーヴェン強化週間」と化しています(^^;)

12月3日(水)19:00 京都文化博物館 別館ホール
京フィル 室内楽コンサートシリーズ vol.19「民族色豊かな室内楽」

曲目
プロコフィエフ   五重奏曲 ト短調 op.39
バルトーク    弦楽四重奏曲 第2番 op.17 Sz.67
別宮貞雄    日本組曲 第1番
フラッケンポール ブラストリオ
イギリス民謡   蛍の光
ほか

10月に聴いたマーラーの交響曲4番の室内楽版がよかったので京フィルの演奏を聴くのは期待度が上がります。曲目の中ではバルトークが最も興味を惹かれます。

12月12日(金) 19:00 浜離宮朝日ホール
児玉桃 メシアン・プロジェクト2008〈第5回〉 2つの四重奏'時'

出演者
児玉桃(ピアノ)
ルノー・カプソン(バイオリン)
ゴーティエ・カプソン(チェロ)
イエルク・ヴィトマン(クラリネット)

曲目
メシアン   ヴァイオリンとピアノのための幻想曲
細川俊夫  四重奏曲「時の花」(日本初演)
メシアン   世の終わりのための四重奏曲

児玉桃メシアン・プロジェクトの最後を飾る、「世の終わりのための四重奏曲」。10月のフィリア・ホールでの「まなざし」全曲が非常に素晴らしかったので、四重奏曲も期待が高まります。

12月14日(日)15:00 バロックザール 青山音楽記念館
西村佳子 ピアノリサイタル

曲目
ショパン   24の前奏曲 op.28
ドビュッシー 映像 第1集
メシアン   幼児イエズスに注ぐ20のまなざし より 第11曲,第14曲
デュティーユ ピアノソナタ

デュティユーのソナタはCDこそ持っているものの実演は初めてなので楽しみです。

12月14日(日)14:00 びわ湖ホール 小ホール
八段悠子 (クラリネット)〈びわ湖からはばたく〉[2]

曲目
ライネッケ    序奏とアレグロ・アパッショナート op.256
シューマン    幻想小曲集 op.73
ウェーバー    グランド・デュオ・コンチェルタンテ 変ロ長調 op.48
バーンスタイン  クラリネット・ソナタ
ブラームス    クラリネット・ソナタ 第2番 変ホ長調 op.120-2

ブラームスのソナタは意外にも実演で聴いたことがない(と思う)ので、こちらも楽しみ。
デュティユーを取るかブラームスを取るかは迷うところで、究極的には当日の朝の気分で決めてしまうかもしれません。

12月20日(土)14:00 京都コンサートホール 小ホール
若林 顕 ピアノ・リサイタル「たった1人の第九」

曲目
ベートーヴェン       ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 op.57「熱情」
ベートーヴェン(リスト 編) 交響曲 第9番 ニ短調 op.125

第九のピアノ編曲版はワーグナーによるものとリストによるものの2種類のCDを持っていますが、どちらも(特にワーグナー版は)演奏の機会は滅多にないものなので、注目です。

12月26日(金)19:00 京都コンサートホール 大ホール
京都市交響楽団 特別演奏会 第九コンサート

指揮    広上淳一
ソプラノ   釜洞祐子
メゾソプラノ 菅 有実子
テノール   市原多朗
バリトン   河野克典

曲目
モーツァルト  アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
ベートーヴェン 交響曲 第9番 ニ短調 op.125「合唱付」

12月27日(土)15:00 ザ・シンフォニーホール
12月28日(日)15:00 ザ・シンフォニーホール

佐渡 裕 21世紀の第九

管弦楽   大阪センチュリー交響楽団
合唱    京都バッハ・アカデミー合唱団
ソプラノ   田村麻子
メゾソプラノ 坂本 朱
テノール   吉田浩之
バリトン   キュウ・ウォン・ハン

曲目
ベートーヴェン 交響曲 第9番「合唱付」

12月29日(月)19:00 フェスティバルホール
12月30日(火)19:00 フェスティバルホール

大阪フィルハーモニー交響楽団 第9シンフォニーの夕べ

指揮  大植英次
ソプラノ スザンネ・ベルンハート
アルト  スザンネ・シェファー
テノール トマス・クーリー
バリトン アンテ・イェルクニカ
合唱  大阪フィルハーモニー合唱団

曲目
ベートーヴェン 交響曲 第9番 ニ短調 op.125「合唱付き」

年末の第九を3つ挙げてみました。歌手を取るか、指揮者を取るか、オケを取るか、はたまたホールを取るか・・・。

12月31日(水) 14:00 東京文化会館 小ホール
ベートーヴェン弦楽四重奏曲[8曲]演奏会

演奏
クァルテット・エクセルシオ
古典四重奏団
ルートヴィヒ弦楽四重奏団

曲目
ベートヴェン:
  弦楽四重奏曲 ヘ長調 op.59-1「ラズモフスキー第1番」
  弦楽四重奏曲 ホ短調 op.59-2「ラズモフスキー第2番」
  弦楽四重奏曲 ハ長調 op.59-3「ラズモフスキー第3番」
  弦楽四重奏曲 変ホ長調 op.127
  弦楽四重奏曲 変ロ長調 op.130「大フーガ」つき
  弦楽四重奏曲 嬰ハ短調 op.131
  弦楽四重奏曲 イ短調 op.132
  弦楽四重奏曲 ヘ長調 op.135

今年も大晦日は東京文化小ホールでベートーヴェンのカルテット三昧です。昨年は当日朝に京都府内の自宅を出て直接会場に出かけたためか、移動疲れが出て最初の1時間が非常に眠かったので、今年は前日夜に東京入りして体調を整えて演奏会に臨む予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »