« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

本日の戦利品(CDとDVDです)

昨日予約した、23日の京響定期のチケットを受け取るためだけに京都コンサートホールまで出向き、せっかくなので買い物でもするか、とJEUGIA三条本店に寄り道。

普段は大体アマゾンでCDを買うのですが、「たまにはショップで買ってみるか」、とクラシックフロアに行ったら、あれも欲しい、これも欲しい、ということになり、結局はDVD2枚、CD9枚、計27000円也。買ったものは比較的ポピュラーと思えるものでさえ、R.シュトラウスの「サロメ」のDVDとか、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ(全3曲)とか、やや渋めのアイテムですが、以下に列挙します。

DVD

  • ドビュッシー 歌劇「アッシャー家の崩壊」(世界初録音)他
  • R.シュトラウス 「サロメ」(ジュゼッペ・シノーポリ指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団)

CD

  • フルトヴェングラー ピアノ五重奏曲 ハ長調
  • サクソフォーンとオーケストラのための作品集
  • ケクラン 弦楽四重奏曲 第1&2番
  • ショーソン ピアノ四重奏曲 & フランク ピアノ五重奏曲(Ensemble Musique Oblique)
  • Heinz Holiger指揮のBundesjugendorchester
    メシアン、ケクランの管弦楽曲とラヴェルのボレロ
  • サクソフォーンとピアノのためのフランス近代作品集
  • ベルリオーズ=リスト 幻想交響曲(ピアノ版)
  • コルンゴルド ピアノ・ソナタ全集
  • ブラームス ヴァイオリン・ソナタ(全3曲) 久保陽子(ヴァイオリン)弘中孝(ピアノ)

と、室内楽が大半を占めていて、フランス近代とドイツ・ロマン派~後期ロマン派という以外、ほとんど一貫性がないような・・・。

サクソフォーンは、23日の京響定期で須川展也氏のソロでグラズノフのサクソフォーン協奏曲を聴く予定なのでちょっと予習でも、という目的で、ブラームスのヴァイオリン・ソナタは、かつて大垣音楽祭で数々の名演奏を聴かせて頂いた久保さんと弘中さんの演奏だから、という理由で、その他は、CD(DVD)を見たときの直感だけで買いました。

これだけ買い込めば、今月いっぱいは楽しめそう(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掲示板のSPAM対策

先週末から今度の日曜まで9連休の夏休みになったものの、最初の5日は、「寝る、食う、呑む」の3拍子揃った、だらけた生活。体重計に乗るのが怖いくらいです。

というのはさておき、本家サイトの掲示板には5月頃からSPAMな書き込みが頻発していて頭を悩ませていました。

DNSの逆引きではIPアドレスからドメイン名が取得できなかったので、Web上のwhoisサービスサイト(たとえばこことかこことか)を使って、どうやらイギリス領ヴァージン諸島(に登記簿がある?)のドメインらしいことは判明。とりあえず、当該サイトの特定のIPアドレスからの書き込みは排除するようにしていたが、かなりの頻度で(1時間に1回くらい)アクセスしているのが明らかになると、いい加減ブチ切れて(笑)、掲示板自体を停止したのが6月末。

そんな中、7月に東京でDさんと会ったときに、彼も相当SPAM対策で苦労したということを訊き、教えていただいたSPAM対策(その節は多謝>Dさん)を導入したのが一昨日(苦笑)。導入作業自体は(Perlならびにプログラミング全般の知識があれば)非常に簡単ではあったのだが、単に不精だっただけ(爆)

「じゃあついでに(^^;)」、というノリで、前から導入しようかと漠然と考えていた、「画像で認証キーを表示しておき、認証キーを入力しないと書き込みできなくする」という仕掛けも、一から書き起こして2日間でとりあえず出来上がり、導入完了。
あるタイミングで掲示板の出力のスナップショットを取って、そこからSPAM投稿スクリプトを作ったとしても、投稿を受け付けない仕掛けにはしてある(つもり)ので、そう簡単にSPAM投稿は出来ないだろうと思っているが、万が一突破されたときは、まだ更なる奥の手を考案済み。

「奥の手」はまだ実装していないが、これを実装したら、突破できるのはおそらく暗号解読のエキスパートくらいではないかと推測(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会案内:2008年9月分

2008年9月に開催される演奏会のうち、聴きに行ってみたいものをリストアップしてみました。かなり数が多いので全部は行けないし、仕事の状況では平日夜は難しくなるかもしれませんが・・・。

9月5日(金)19:00 バロックザール 青山音楽記念館
井上隆平 ヴァイオリンリサイタル

ピアノ 山口博明

曲目
ヒンデミット ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ホ調
イザイ   無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番 ニ短調 op.27「バラード」
ショーソン 詩曲 op.25
フランク  ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調

ピアノの山口さんは以前別のリサイタルでも聴きましたが、安心して聴ける演奏だったと記憶しています。
8月9日の瀧内曜子さんのリサイタル同様、イザイ、ショーソン、フランクというイザイつながり(曲目も全く同じ!)は興味深いです。

9月6日(土)18:00 バロックザール 青山音楽記念館
ヴェセリン・パラシュケヴォフ(ヴァイオリン) 村越知子(ピアノ) デュオ リサイタル

曲目
シューベルト  ソナタ イ短調 D.385
ベートーヴェン ソナタ 第7番 ハ短調 op.30-2
フランク     ソナタ イ長調
ヴラディゲロフ 歌とラプソディ

ベートーヴェンの7番のソナタを実演で聴くのは5月にラ・フォル・ジュルネ金沢で聴いて以来2回目。フランクのソナタが前日の演奏会とどのように異なって演奏されるかも楽しみ。

9月7日(日)14:00 京都コンサートホール 大ホール
かんでん クラシック in 京都 金 聖響(指揮) &京都市交響楽団

ヴァイオリン 希生 ザイラー

曲目
ブラームス ヴァイオリン協奏曲
シベリウス 交響曲 第2番 ニ長調 op.43

演奏者を目当てに聴きに来られる方が多いかもしれませんが、ヴァイオリン協奏曲の中で最も好きなブラームスを実演で聴くのは数年ぶりで、私の場合は純粋に曲目当てです。

9月20日(土)14:30 JEUGIA梅田ハービスENT店 ピアノサロン Aスタジオ
青谷友香里 ヴァイオリンコンサート No.1 in Osaka

ピアノ 延時幸子

曲目
J. S. バッハ シャコンヌ 第2番 パルティータ ニ短調 BWV.1004 より
シューベルト 華麗なロンド ロ短調 op.70
バルトーク  「シャコンヌのテンポで」無伴奏ヴァイオリン・ソナタより
ルクー    ヴァイオリン・ソナタ ト長調 より
ワックスマン カルメン幻想曲

ルクーを取り上げる、という一点だけで注目です!

9月21日(日)14:00 京都府立府民ホール アルティ
堀米ゆず子 ヴァイオリン・ワークス III「音楽の旅 ー 抒情を求めて」
~パリから児玉 桃(ピアノ) を迎えて~

曲目
バルトーク  ラプソディー 第1番
ドビュッシー ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
野平一郎 委嘱 世界初演作品 (ヴァイオリン)
モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 K.378、ヴァイオリン・ソナタ イ長調 K.526

児玉桃さんの実演を聴ける機会というのもそう多くなく、私は2000年6月に聴いたことがありますが、それ以来ずっと注目している演奏家です。

9月23日(火・祝)14:30 バロックザール 青山音楽記念館
松本恵理 ピアノリサイタル

曲目
ハイドン   アンダンテと変奏曲 ヘ短調 Hob.XVII/6
シューマン  蝶々 op.2
ドビュッシー 映像 第1集
シューベルト ピアノソナタ 第20番 イ長調 D.959(遺作)

この演奏会では、ドビュッシーとシューベルトが目当てです。

9月25日(木)19:00 京都コンサートホール 小ホール
ヤナーチェク弦楽四重奏団

曲目
ミスリヴェチェク 弦楽四重奏曲 ハ長調
モーツァルト  弦楽四重奏曲 第17番 変ロ長調「狩」K.458
ヤナーチェク  弦楽四重奏曲 第1番「クロイツェル・ソナタ」
スメタナ    弦楽四重奏曲 第1番 ホ短調「わが生涯より」

9月26日(金)19:00 バロックザール 青山音楽記念館
3人のヴィルトーゾによる室内楽の夕べ

ヴァイオリン 沼田園子
チェロ    クリストフ・ヘンケル
ピアノ    ミヒャエル・クリストフ

曲目
ハイドン  ピアノ・トリオ ハ長調 Hob.XV-27
ラヴェル  ヴァイオリンとチェロのためのソナタ(1922)
ブラームス ピアノ・トリオ 第1番 ロ長調 op.8

25日のヤナーチェク弦楽四重奏団の演奏会では、ヤナーチェクの「クロイツェル・ソナタ」が、26日の演奏会ではラヴェルとブラームスが目当てですが、9月下旬は仕事が佳境に入っている時期のはずなので、どちらか1日聴きに行ければ良い方で、2日とも聴きに行けない可能性は高いです。でも、出来ればどちらかだけでも聴きに行きたい・・・。

って、こうして見てみると、バロックザールでの演奏会を取り上げている率がかなり高いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ通信簿

ゆきさんDさんのブログで取り上げられていたブログ通信簿、面白そうだったんでやってみました。

Tushinbo_img

で、なんでネイルアーティストやねん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »