« 栄養、足りてますか? | トップページ | UML CASEツール »

演奏会案内:2008年7月分

7月の演奏会のうち、興味のあるものを紹介します。

7月5日(土)17:00 バロックザール
Clair Concert de Juillet 珠玉のフランス音楽
~声楽・ピアノ・ヴァイオリンの名曲を集めて~

出演者
磨谷真理、平松啓子、美馬美紀、園田裕美、柚木たまみ(ソプラノ)
松井道子(ヴァイオリン)
小林美智、安部ありか、遠藤玲子、山崎葉子、辻ゆり子(ピアノ)

曲目
[歌曲]
アーン    クロリスに
ショーソン  はちすずめ
ドビュッシー ビリティスの歌
プーランク  歌の調べ
[ヴァイオリン曲]
ショーソン  詩曲
[ピアノ曲]
フォーレ   ノクターン 2番
ドビュッシー 前奏曲集 第1巻/第2巻より

フランス音楽のみという珍しいプログラムで、しかもショーソンの詩曲が取り上げられるとなると、聴きに行かないわけにはいかないです!

7月6日(日)16:00 京都府立府民ホール アルティ
五重奏の夕べ
ヴァイオリン 戸上眞里 (客演),清水醍輝 (客演)
ヴィオラ   星野博允
チェロ    佐賀義史
ピアノ    深尾憲一

曲目
ショスタコーヴィチ ピアノ五重奏曲 ト短調 op.57
ドヴォルザーク   ピアノ五重奏曲 イ長調 op.81

ピアノ五重奏の名曲2曲を一気に聴ける、かなりお得なコンサートです。

7月13日(日) 15:00 静岡音楽館AOI
シューベルトの午後

田部京子(ピアノ)
AOI・レジデンス・クヮルテット
  松原勝也、小林美恵(ヴァイオリン)、川本嘉子(ヴィオラ)、河野文昭(チェロ)
吉田秀(コントラバス)

弦楽四重奏曲 第14番《死と乙女》ニ短調 D. 810
ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調D.960
五重奏曲《ます》イ長調 D667, op.114

たまたま小林美恵さんの公式ブログを見たときに見つけました。最後に小林美恵さんの演奏を聴いたのは2001年秋に京都で、パスカル・ロジェさん、長谷川陽子さんとのトリオだったと思います。田部京子さんによるD960のCDは愛聴盤の1枚で、機会があれば田部さんの演奏も聴いてみたいと思っていたので、チケットは既に確保し、当日は京都から静岡まで日帰りで聴きに行く予定です。

7月21日(月・祝)14:00 ザ・シンフォニーホール
千住真理子(ヴァイオリン) G線上のアリア

ピアノ 山洞 智

曲目
J. S. バッハ G線上のアリア
クライスラー 愛の喜び
        愛の悲しみ
        ロンドンデリーの歌
        ウィーン奇想曲
        プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
        美しきロスマリン
モンティ   チャルダッシュ
ドビュッシー 月の光
        亜麻色の髪の乙女
フォーレ   ヴァイオリン・ソナタ 第1番

数多くの小品とフォーレのソナタという組み合わせ。フォーレのソナタは意外にも実演を聴いたことがないので楽しみです。

--- 6月9日追記 ---

7月25日(金) 19:00 東京文化会館 小ホール
クライネス・コンツェルトハウスop.25

フィビヒ    ピアノ五重奏曲ニ長調 作品42
シューベルト 弦楽三重奏曲
ドホナーニ  ピアノ六重奏曲ハ長調 作品37

Dさんからトラックバックいただいた記事からの情報です。チェコ音楽好きのDさん好みのプログラムです。たしか、ドホナーニのピアノ六重奏曲は数年前に大垣で聴いた記憶がありますが・・・。
諸々の事情で3年ほど聴くことを封印してきたフィビヒですが、そろそろ封印を解く時期が来ているのかな、という気にもなってきました。

当日、東京に行けるかどうか未定ですが、とりあえずホテルだけは押さえました(笑)

|

« 栄養、足りてますか? | トップページ | UML CASEツール »

演奏会の案内」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

もしかしたら、

>諸々の事情で3年ほど聴くことを封印してきたフィビヒ

かな?とは思っていましたが、やっぱりそうでしたか。。。

若し聴きに来られるようでしたら、一言お知らせ頂けると幸いです。
#しかし、考えてみると「平日」なんですよね(爆)。

投稿: D | 2008/06/12 23:58

半年に及ぶプロジェクトを開始したばかりで、まだ先が見えない状況ですが、進捗次第では当日、後半休を取って東京に行くことができるかもしれません。
もし当日お会いできれば、何年ぶりになるでしょうかね?

投稿: Pelleas | 2008/06/14 18:13

>もし当日お会いできれば、何年ぶりになるでしょうかね?

2001年の金沢でもお会いしていましたが、あの時にお会いしたのが初めてでしたっけ?
その後、確か池袋で一杯やったことがあったと思いますが、あれ以来、5年くらいになるでしょうか?

投稿: D | 2008/06/16 01:33

可能な限り思い出してみました。

>2001年の金沢でもお会いしていましたが、あの時にお会いしたのが初めてでしたっけ?
多分、2001年の夏に、混沌の闇オフ(?)的な集まりで大阪でお会いしたのが初めてだったように思います。

>その後、確か池袋で一杯やったことがあったと思いますが、あれ以来、5年くらいになるでしょうか?
確か、ルクーを取り上げているコンサートを聴きに東京に2度行ったと思うので、おそらくコンサート終演後にお会いしたのでは、と思います。
それが多分5年前だと思うのですが、それ以降、個人的に色々あって記憶が定かでなかったりします(_ _;)。

というか、思い出すことすら腹立たしくて記憶から消去したい出来事は2つほどありますが(爆)

投稿: Pelleas | 2008/06/18 01:03

>多分、2001年の夏に、混沌の闇オフ(?)的な集まりで大阪でお会いしたのが初めてだったように思います。

このときも確かにお目に掛かりましたね。
そういえばこっちの方が先でしたっけ・・・(汗)


>思い出すことすら腹立たしくて記憶から消去したい出来事は2つほど

そうですね・・・・(悲しくなるので以下略)
#って、「私が」じゃないですよね?<原因(別のことを思い浮かべていますが念の為)

投稿: D | 2008/06/18 01:55

>思い出すことすら腹立たしくて記憶から消去したい出来事は2つほど
は、仕事がらみの件でして・・・。しかもそのうちの1つは、まだ1ヶ月も経ってない(笑)

>そうですね・・・・(悲しくなるので以下略)
こちらは、どうやってその事実を受け入れ、気持ちの上で折り合いをつけていくのか、まだまだ模索しています。
その過程で、ひきこもり同然になってしまった時期もありました・・・。今も、ひきこもり状態から完全に快復できたと言い切る自信はありません。

>#って、「私が」じゃないですよね?<原因(別のことを思い浮かべていますが念の為)
「Dさんが」じゃないことだけは確かですよ!
もしかしたら、その件(私が思い出したのとDさんの思い浮かべている件が同じかどうかはわかりませんが)は、意識の表層からは完全に消去されていたかもしれません(^^;)
その件を引き起こした人物など、記憶するに値しないでしょう。

投稿: Pelleas | 2008/06/18 02:11

>「Dさんが」じゃないことだけは確かですよ!

ホッとしました。
いや、まさかとは思ったんですが。

>仕事がらみの件

少なくとも一つはこっちかなと思っていました。
勿論、一つ目も二つ目も、あんまりな話だと思っています。


>記憶するに値しないでしょう。

じゃぁ、記憶するに値しない人物関係は消去!ってことで(笑)

投稿: D | 2008/06/19 22:45

>じゃぁ、記憶するに値しない人物関係は消去!ってことで(笑)

私の場合、消去した人間関係はかなり多いかも。
と言うか、記憶から消去されているので集計することがそもそも不可能だったりしますが(爆)

まあ、それはともかく、不愉快なことはすばやく記憶から消去してしまうのが精神衛生的にはいいのかなぁ、と思っています(^^)

投稿: Pelleas | 2008/06/20 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/41383009

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会案内:2008年7月分:

» クライネス・コンツェルトハウスop.25 [Klaviermusik]
東京文化会館小ホールで開かれる、室内楽の定期演奏会《クライネス・コンツェルトハウスop.25》のページが出来ている。 #詳細は下記URIからご覧下さい: http://www.kleines-k.com/t-bunka.html 今回はフィビフの《ピアノ五重奏曲》Op.42 が取り上げられるので注目している..... [続きを読む]

受信: 2008/06/09 01:32

« 栄養、足りてますか? | トップページ | UML CASEツール »