« 職場に弁当持参 | トップページ | 演奏会案内:2008年5月分 »

オピッツのベートーヴェン・ピアノソナタ

ベートーヴェンのピアノ・ソナタの中では後期の5曲が好きで、アラウやバックハウスの録音を聴いていたのですが、最近の録音で何かいいものはないかと探して見つけたのが、ゲルハルト・オピッツのCD。

まずは、ハンマークラヴィーア。

次は30番、31番、32番と、最後の3つのソナタ。

最後に、「告別」と28番。

どのCDにも共通して言えるのは、音楽の流れが非常に自然であること。最近(といってもここ数ヶ月、という範囲ですが)、日本人演奏家(あえて名前は伏せますが・・・)の演奏したベートーヴェンの後期ソナタのCDを何枚か聴いてみたところ、音楽の流れが滞ってしまう瞬間があるように思えたため、1、2度で聴くのをやめてしまったのですが、オピッツのCDではスムーズに音楽が流れ、響きにも深みがあり、1曲を聴き終えた後の満足感は格別です。

|

« 職場に弁当持参 | トップページ | 演奏会案内:2008年5月分 »

CD/DVD」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225253/40671933

この記事へのトラックバック一覧です: オピッツのベートーヴェン・ピアノソナタ:

« 職場に弁当持参 | トップページ | 演奏会案内:2008年5月分 »